「運び」のご紹介|引っ越しのお仕事や求人情報ならおれに聞け!【引っ越しの俺】

お問い合わせ

ホーム > 引っ越しの作業について > 「運び」のご紹介

オススーメ

「運び」のご紹介

アップロード日:2015年1月16日

先輩から教わったこと

引っ越しの荷物を見た目で判断したらアホを見ることになるから注意しろよと仕事を始める前の現場に向かっている時に先輩から聞きました。疑問に思ったので、すいませんが分かるように説明してくださいといって教えてもらいました。「引っ越しの時の荷物の大きさは重さに比例しない。」ということでした。普通は小さい箱だと軽く大きい箱だと重いということになるが、引っ越しの時は、本や雑誌等をコンパクトにまとめるので中間くらいの箱が一番重いということを教わりました。

 

それを実践してみて思ったこと

中間が一番重くて次に小さい箱、最後に大きい箱というふうに聞いていたので、作業中にまっ先に大きい箱を持ったらとても重くて助けを求める事になりました。中身は、結局のところ何か分かりませんでしたが壊れ物ではなかったようですが、本当に重くて1人では持てる重量ではありませんでした。先輩の話は、経験上確かなことだとは思いますが、経験もなく結果だけを聞いた私が実行したので間違ったのだと思いました。

 

辛いと思ったこと

引っ越しの作業をして辛いと思ったことは多くはないですが、あります。それは5建てのマンションへ引っ越す時でした。昔の建築法の為にエレベーターが設置されていない建物があるのです。その建物の運び入れは本当に辛かったです。しかもその日は2本目だったので体力的に本当に辛く感じました。

関連情報

ページトップへ

メニュー

Copyright © 引っ越しのお仕事や求人情報ならおれに聞け!【引っ越しの俺】 All Right Reserved.