「荷だし」のご紹介|引っ越しのお仕事や求人情報ならおれに聞け!【引っ越しの俺】

お問い合わせ

ホーム > 引っ越しの作業について > 「荷だし」のご紹介

オススーメ

「荷だし」のご紹介

アップロード日:2014年9月23日

先輩から教わったこと

荷物を運ぶ時に全てを流れ作業で行うことを最初に引っ越しでは先輩に教わります。荷物には大小ありますが、大きさはそれほど関係ないのです。流れ作業で重要なポイントは、次の人が運びやすいように荷物を持って行き、持ちやすい所に置くことなのです。大きくても軽い荷物、小さくいても重い荷物があります。いかにどう運ぶか、どう置けば次の人が運びやすく早く運ぶことができるかが重要なポイントなのです。荷物の持ち方も人それぞれですがバランスを崩さないように安定感のある持ち方を先輩から教わります。

それを実践してみて思ったこと

流れ作業のコツと持ち方を学んだ後で作業を始めます。本当に驚くほど荷物運びが楽になります。安定感のある持ち方を学ぶと前が見えなくなることもありませんし、壁に当ててしまう恐れも無くなるので楽に運ぶことが出来ます。

辛いと思ったこと

洗濯器を運ぶ時は、重すぎて辛いと思いました。ですが、170センチくらいしかないオジサンが優々と運ぶさまを見て教わった持ち方をしても私には重すぎて運べませんでした。持ち方を習っても慣れがあるのだと痛感しましたが、重たい荷物でもコツを掴めば優々と運ぶことが出来ることを目の当たりにしたので、そのおじさんを尊敬しました。

作業を行う上での注意点

荷物を壁にぶつけないことは、荷物に気をつけることなのですが、壁や廊下にも細心の注意を払って作業を行わなければいけません。

関連情報

ページトップへ

メニュー

Copyright © 引っ越しのお仕事や求人情報ならおれに聞け!【引っ越しの俺】 All Right Reserved.